このページの本文へ

松下インターテクノ、MPEG1キャプチャーボードなどを発表

1997年12月03日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 松下インターテクノ(株)は、米Data Translation社のMPEG1キャプチャーボード『BROADWAY ビギナー版』や『BROADWAY プロ版』、ディスクアレイシステム『VideoRaid』シリーズなどを発表した。ビギナー版の価格は8万9800円、'98年1月上旬に出荷する。プロ版は価格、出荷日とも未定。

 プロ版は、352×240ドットで毎秒30フレームのリアルタイムMPEGエンコードが可能。ビギナー版でも、AVI形式でのフルモーションキャプチャー後、BROADWAYによりMPEG形式に圧縮して保存できる(圧縮時間はAVIファイルの長さの約3倍弱)。MPEGエンコーダーチップに、米C-Cube Microsystems社のCL-4020を搭載し、AVI形式のコンポジット出力端子を装備する。

 PCIバスを搭載するPC-98、PC98-NXシリーズ、PC/AT互換機に対応し、IRQは非占有。OSはWindows95/NT4.0に対応している。ビギナー版の限定100本には、『Ulead Media Studio VE2.5日本語版』が付属する。

 同時に米Media社のビデオ編集用ディスクアレイシステム『VideoRaid』シリーズを発表。コントローラーを内蔵した『VideoRaid ベースユニット』とディスクのみの『VideoRaid 拡張ユニット』があり、それぞれ5.0GBから14.0GBのモデルが用意されている。毎秒10MBのデータ転送速度を実現し、フルモーションの動画のキャプチャーもなめらかに行なえるとしている。Enhanced IDEをサポートするPentium搭載パソコンに対応し、OSはWindows95/NTに対応する。(報道局 井上哲郎)

http://www.mitc.co.jp/multi/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン