このページの本文へ

日本オラクル、『Oracle Objects for OLE V2.2』を12月26日に出荷

1997年12月01日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 日本オラクル(株)は、Oracleデータベース接続用のミドルウェア『Oracle Objects for OLE Version2.2』の出荷を12月26日に開始する。価格は3万9000円。

 このバージョンからInternet Information Server 3.0に対応し、Oracleと透過的に統合したWebベースのアプリケーション開発が可能になる。またVBScriptあるいはJavaScriptを利用して、同製品のコードをActive Server Pages2.0に埋め込むこともできる。動作するプラットフォームはWindows95/ NT4.0。対応RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)は、Oracle7/Workgroup Server Release7.3以上、Oracle8/Enterprise Edition Release8.03。

 またWindowsNT4.0 Enterprise Edition用のクラスターオプション『Oracle FailSafe 2.0』を来春に出荷することも明らかにした。Oracle Parallel Serverが基幹系システム向けなのに対し、同製品はより小規模ネットワークに対応する。2ノードに対応し、片方のNTクラスターノードがダウンしても、自動フェイルオーバー機能で、ユーザーの接続をもう一方のノードに自動的に切り替えてくれる。対応RDBMSは、Oracle7/ Workgroup Server for NT Release7.3.4、Oracle8/ Enterprise Edition for NT Release8.0.4。(報道局 若名麻里)

http://www.oracle.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン