このページの本文へ

サイズ「風サーバー」「風ステーション」「風Q」

サイズからファンコントローラーが3モデル近日発売へ!

2009年03月07日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズからファンコントローラーが3モデル登場。19日の発売を前にサンプル版が複数ショップに入荷している。

5インチベイ内蔵型の「風サーバー」

「風サーバー」 製品
5インチベイ内蔵型の4chファンコントローラー「風サーバー」。「オート(全自動)」モード、「セミオート(半自動)」モード、「マニュアル(手動)」モードの3つの動作モードが用意されている

 「風サーバー」は、ファン回転数や温度、動作モードをLCDパネルに表示可能な5インチベイ内蔵型の4chファンコントローラー。ファン回転数制御は、VR方式(電圧レギュレーター)で幅広いレンジ(3.7V~12V)に対応。任意設定温度以下ではファンが停止し、設定温度以上になると3.7V~12Vの間でファン回転数が上下する「オート(全自動)」モード、温度とファンの最低回転数の2項目を設定し、設定温度以下でも指定した最低回転数を保持する「セミオート(半自動)」モード、回転数をボリュームスイッチで任意調整する「マニュアル(手動)」モードの3つの動作モードが用意されているのが特徴だ。
 また、ジャンパピン設定により、アラーム音ミュート(消音)機能や、摂氏/華氏表示切り替えに対応。その他、ファンコントローラー部1chあたりの最大出力電流は1A。測定温度範囲は0~100度(摂氏)/32~199.9(華氏)で、回転数測定範囲は0~9990rpm(30rpm刻み)、測定頻度は2秒毎。カラーリングはブラックとシルバーで、ヘアライン加工済みアルミ面版採用で高級感もある。ドスパラ秋葉原本店やT-ZONE.PC DIY SHOPで予価5980円となっている。

3つの動作モード 基板
ジャンパピン設定により、アラーム音ミュート(消音)機能や、摂氏/華氏表示切り替えに対応。その他、ファンコントローラー部1chあたりの最大出力電流は1A。測定温度範囲は0~100度(摂氏)/32~199.9(華氏)で、回転数測定範囲は0~9990rpm(30rpm刻み)、測定頻度は2秒毎

3.5インチ内蔵型の多機能タイプ「風ステーション」

「風ステーション」 製品
3.5インチ内蔵型2chファンコントローラー「風ステーション」。ファンコン機能のほかUSB2.0コネクタ×4ポート、eSATA×1ポート、AC97/HDオーディオ両対応のオーディオin/outコネクタを各1個装備する

 「風ステーション」は3.5インチ内蔵型2chファンコントローラー。ファンコン部は、VR(電圧レギュレーター)方式による可変で、5~12Vまでのマニュアル調節が可能だ。これらファンコン機能のほか、USB2.0コネクタ×4ポート、eSATA×1ポート、AC97/HDオーディオ両対応のオーディオin/outコネクタを各1個装備する。カラーリングはブラックとシルバー。価格はドスパラ秋葉原本店で2480円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2980円。

シンプルな4chファンコン「風Q」

「風Q」 製品
3.5インチベイ内蔵型では珍しい4chファンコントローラー「風Q」。カラーリングはブラックとシルバー。シンプルなファンコントローラーとなっている

 「風Q」は3.5インチベイ内蔵型では珍しい4chファンコントローラー。VR(電圧レギュレーター)方式による可変で、5~12Vまでのマニュアル調節が可能。前面パネルはヘアライン加工済みのアルミ面版が採用されている。カラーリングはブラックとシルバー。シンプルなファンコントローラーとなっている。価格はドスパラ秋葉原本店やT-ZONE.PC DIY SHOPで予価1780円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中