このページの本文へ

アップル、教職員向けの「Apple Education Forum 2008」を開催

Macを教育の現場に生かすイベント

2008年10月23日 21時54分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は11月8日(土)と9日(日)の両日、東京にて教職員向けのイベント「Apple Education Forum 2008」を開催する。参加は無料だが事前の申し込みが必要だ。

Apple Education Forum 2008

「Apple Education Forum 2008」は同社のウェブサイトから申し込む。すでに定員に達したワークショップもあるため、興味のある人は早めに行動したほうがいい

Apple Education Forum 2008」は、MacやiPod、インターネットなどのデジタルを教育現場で活用する方法の探求や、同じ悩みを抱える教職者間のコミュニケーションを目的としたイベント。小学校から中学、高校大学などの教職員や教育関係者、教職課程の学生などが対象だ。

新宿パークタワーホールで開催される1日目(8日)は、「第2回デジタル教材コンテスト」の受賞者によるプレゼンテーションや、ポスターセッション形式で情報通信技術の活用発表などを予定。また2日目(9日)は東京・初台のアップルジャパン本社で開催され、有限責任中間法人デジタル表現研究会(D-project2)による「映像メディア表現学習の実践」(定員120名)や情報通信技術に関するワークショップ(定員各20名)がプログラムとして掲載されている。

なお、定員のあるワークショップは先着順。イベント参加者には、アップルのオリジナルグッズがプレゼントされるという。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中