このページの本文へ

インテゴ、OS Xユーザー向けのセキュリティー・アラートを公開

OS Xにセキュリティー警報

2008年06月23日 20時45分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Intego

ウイルスの危険性を解説する「INTEGOセキュリティ・アラート」

インテゴジャパンは19日〜20日にかけて、Mac OS Xユーザーに向けたセキュリティーアラート2件を発表した。

6月19日付けのアラートでは、Apple Remote Desktopで利用されるコンポーネント(ARDAgent)に潜む脆弱性を公開。この脆弱性を利用すると、悪意あるユーザーがローカル/リポート経由で管理者としてさまざまなスクリプトを実行できるという。

20日付けのアラートで公開されたのは、Macをターゲットにしたトロイの木馬だ。「PokerGame」というプログラムに潜んでおり、ユーザーが不意に実行すると、そのMacのIPアドレスとユーザー名、パスワード文字列をサーバーに送る。また同時に「A corrupt preference file has been detected and must be repaired.」(環境設定ファイルが壊れているので、修復が必要です。)という旨のメッセージによって管理者パスワードの入手を試みる。

いずれの問題に対しても、同社のウイルス対策ソフト「VirusBarrier X5」で対応しているという。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中