このページの本文へ

サードウェーブ、45nm版Xeon E3110搭載のデスクトップPCを発売

2008年02月28日 16時53分更新

文● 編集部 盛田 諒

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)サードウェーブは28日、45nmプロセスのサーバー向けデュアルコアCPU Xeon E3110(3GHz)(関連記事)を搭載するデスクトップパソコン「Prime Monarch(プライムモナーク) XE」を本日19時に発売する。価格は11万7980円から。メモリーやHDDをカスタマイズ可能なB.T.Oに対応する。

Prime Monarch XE
Prime Monarch XE

 チップセットはIntel P35 Express、グラフィックス機能は米エヌビディア社のGeForce 8800 GTを搭載する。メモリーはDDR2-800 2GB、HDDは500GB。静音構造の500W電源を内蔵する同社オリジナルの本体ケース「GWケース」を採用する。価格は、OSにWindows XP Home Editionをプレインストールするモデルが12万9980円、プレインストールしないモデルが11万7980円。

 Xeon E3110はコアクロックが3GHz、FSBが1333MHz、2次キャッシュ容量が6MBのサーバー・ワークステーション向けCPU。

 Prime Monarch XEの仕様は以下のとおり。

CPU:Xeon E3110(3GHz)|メモリー:DDR2-800 2GB|グラフィックス:GeForce 8800 GT
HDD:500GB|光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
サイズ:幅188×奥行き480×高さ433mm|OS:Windows XP Home Edition
価格:12万9980円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン