このページの本文へ

アップデーターが無償になり、他社製ケーブルにも対応!!

アメリカンメガトレンド、携帯電話データ編集ソフト「携帯万能 for Macintosh」を発表

2008年02月25日 20時53分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アメリカンメガトレンドは22日、Mac OS X 10.5 Leopardに対応した携帯電話データ編集ソフト「携帯万能 for Macintosh」を3月7日に発売すると発表した。価格は、全キャリア対応版が6980円、キャリアを限定した充電版が5480円、同じく充電機能がないバージョンが4980円、ケーブルが別売りで全キャリアに対応するアップグレード版が3980円。なお、販売元は変わったものの、以前(株)SSIトリスター(現(株)アメリカンメガトレンド)が発売していた「携帯万能 for Macintosh」の後継製品にあたる。

携帯万能_パッケージ
ラインアップは全6種類で、製品番号とパッケージカラーで見分けられる。左上から、(1)FOMA&ソフトバンク3G対応版(充電不可)、(2)FOMA&ソフトバンク3G対応版(充電可)、(3)CDMA1X&WIN対応版(充電不可)、(4)CDMA1X&WIN対応版(充電可)、(5)全キャリア対応版(充電可)、(6)アップグレード版(ケーブル別売り)

携帯万能 for Macintosh」は、携帯電話に保存しているデータをMacにバックアップ/管理するためのソフト。携帯電話のデータ通信端子とMacのUSB端子を接続する専用ケーブルを使って転送する。対応するデータは、機種によっても異なるが、メモリーダイヤル/メール/スケジュール/ブックマーク/写真/動画/メモなどで、充電対応版であればバッテリーの充電も行える。バックアップしたデータはすべて専用ブラウザーで閲覧/管理し、MacのアドレスブックやCSV形式のファイルからのデータの読み込み/書き出しや、重複/差分データの結合/削除なども可能だ。

携帯万能_住所録
iPhotoライクなインターフェースのブラウザー。左端のアイコンからメールや写真などの項目を選び、上部のツールバーにあるボタンで携帯電話からデータをバックアップしたり、Macのデータを携帯電話に書き戻すこともできる
携帯万能_メール
メールデータは、送受信メールだけでなく下書きメールなどもバックアップ可能。絵文字やHTMLメールにも対応し、メール本文や差出人などから検索する機能もある

また、従来バージョンでは1年ごとにソフトの機能を改善したバージョンアップ版を有償で提供してきたが、本製品は無償でアップデーターを提供していく予定だという。さらに、FOMA/ソフトバンク3G/au WIN/ウィルコム対応のケーブルであれば、他社製携帯電話データ編集ソフトに付属している接続ケーブルや、携帯電話自体の付属ケーブルもサポートしている。

対応マシンは、PowerPC G4 867MHz以上/インテルCPUを搭載するMac。対応システムは、Mac OS X 10.3.9以上で、日本語環境で動作する。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中