このページの本文へ

グリーンハウス、ReadyBoost対応のUSBフラッシュメモリーを発売

2008年01月28日 13時28分更新

文● 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)グリーンハウスは28日、Windows Vistaでアプリケーションの起動を高速化する技術「ReadyBoost」(関連記事)に対応した(128MB/256MBは非対応)USB 2.0対応のUSBフラッシュメモリー「PicoDrive ST」(ピコドライブST)シリーズを2月上旬に発売すると発表した。

 ラインアップは、容量が128MBの「GH-UFD128ST」、256MBの「GH-UFD256ST」、512MBの「GH-UFD512ST」、1GBの「GH-UFD1GST」、2GBの「GH-UFD2GST」、4GBの「GH-UFD4GST」、8GBの「GH-UFD8GST」の7モデル。価格はオープンプライス。予想実売価格は、128MBモデルが1680円、256MBモデルが1980円、512MBモデルが2080円、1GBモデルが2180円、2GBモデルが2980円、4GBモデルが5780円、8GBモデルが1万1000円。

PicoDrive ST

PicoDrive ST

 同シリーズは、専用セキュリティーソフトを同社ウェブサイトからダウンロードすることで、パスワードロック機能を付加できるのが特徴。パスワードでロックされた保存データはAES 256bitで暗号化される。データはハードウェアレベルで暗号化されるため、製品を分解して別基板に組み込んだとしても、データを参照できないという。

 インターフェースはUSB 2.0/1.1。本体サイズは幅65×奥行き19×高さ8mm、重量は約11g。対応OSはWindows Vista/XP SP2以降/2000(SP4以降)、Mac OS X 10.1.3以降。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン