このページの本文へ

ASUSTeK、「Radeon HD 3870 X2」を搭載するハイエンドグラフィックカードなど4製品を発表

2008年01月23日 21時04分更新

文● 編集部 永水和久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 台湾ASUSTeK Computer社は23日、未発表のグラフィックスチップ(GPU)「Radeon HD 3870 X2」を搭載するハイエンドグラフィックスカード「EAH3870X2/G/HTDI/1G」と、同日発表された「Radeon HD 3650」「同3450」(関連記事)を搭載するグラフィックスカード「EAH3650 TOP/HTDI/256M」「EAH3650/HTDI/256M」「EAH3450/HTP/256M」の計4製品を発表した。価格はいずれもオープンプライス。

EAH3870X2/G/HTDI/1G

EAH3870X2/G/HTDI/1G

 「EAH3870X2/G/HTDI/1G」は、米AMDの未発表GPU「Radeon HD 3870 X2」を採用したグラフィックスカード。複数のグラフィックスカードを対応マザーボード上に装着してグラフィック性能を高めるマルチGPU機能「CrossFireX」に対応し、同カードを2枚装着することで、4GPU構成を実現できる。予想実売価格は6万7000円前後。

EAH3650 TOP/HTDI/256M

EAH3650 TOP/HTDI/256M

EAH3650/HTDI/256M

EAH3650/HTDI/256M

 「EAH3650/HTDI/256M」は、Radeon HD 3650を搭載するグラフィックスカード。もうひとつの「EAH3650 TOP/HTDI/256M」は、3650のコアクロックとメモリークロックを同社が独自にオーバークロックさせた上位機種となっている。

EAH3450/HTP/256M

EAH3450/HTP/256M

EAH3450/HTP/256M」はRadeon HD 3450を搭載する。ヒートシンク搭載のファンレスタイプとなっている。

 4製品はいずれも、ASUSTeK独自の画質向上機能「Splendid」と、CrossFireに対応する。またアプリケーションソフトとして、グラフィックスカードのオーバークロックやファン制御を行なえる「SmartDoctor」が付属する。

 主な仕様は以下のとおり。

EAH3870X2/G/HTDI/1G
GPU:Radeon HD 3870 X2| ビデオメモリー:GDDR3 1GB| コアクロック:825MHz| メモリークロック:1.8GHz| メモリーバンド幅:256bit| インターフェース:DVI-I×2(HDCP対応、HDMI変換コネクターとD-Sub15ピン変換コネクター付属、DVIは以下同様)、Sビデオ端子(コンポジットビデオ/コンポーネント端子への変換ケーブル付属、以下同様)| 必要拡張スロット:PCI Express x16×1(2スロット使用)
予想実売価格:6万7000円前後
発売時期:2月上旬
EAH3650 TOP/HTDI/256M
GPU:Radeon HD 3650| ビデオメモリー:GDDR3 256MB| コアクロック:800MHz| メモリークロック:1.8GHz| メモリーバンド幅:128bit インターフェース:DVI-I×2、Sビデオ端子| 必要拡張スロット:PCI Express x16×1(2.0対応、2スロット使用)
予想実売価格:1万5000円前後
発売時期:2月上旬
EAH3650/HTDI/256M
GPU:Radeon HD 3650| コアクロック:725MHz| メモリークロック:1.6GHz(このほかの仕様はEAH3650 TOP/HTDI/256Mと同等)
予想実売価格:1万4000円前後
発売時期:2月上旬
EAH3450/HTP/256M
GPU:Radeon HD 3450| ビデオメモリー:GDDR3 256MB| コアクロック:600MHz| メモリークロック:1GHz| メモリーバンド幅:64bit インターフェース:DVI-I、D-Sub15ピン、Sビデオ端子| 必要拡張スロット:PCI Express x16×1(2.0対応)
予想実売価格:1万円前後
発売時期:2月上旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン