このページの本文へ

新しい癒しの世界を描く男性シンガーソングライター

iTunes、髙森ゆうきの「晴れた日の昼下がり」を無料配信

2007年12月19日 04時33分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iTunes(株)(アップルジャパン(株))は19日、「今週のシングル」として髙森ゆうきの「晴れた日の昼下がり」の無料配信を開始した。期間は12月25日まで。

繊細かつ透明感のある歌声で日常の情景を描き出す髙森ゆうきは、石川県出身のシンガーソングライター。その歌には、優しさ/温かさに加えて、どこか懐かしさを感じさせる魅力がある。シンプルなアレンジながらも洋楽的なエッセンスを取り込み、個性的なメロディーとコーラスワークがさえる楽曲が、新感覚の癒しの世界を見せる。

髙森ゆうき
アコースティックギターを軸に日本語の歌詞を大切にしたぬくもりのあるサウンドを奏でる髙森ゆうき。ミレニアムに故郷石川からバスで上京し、下北沢「shelter」を拠点に活動。その7年間のキャリアの中でさまざまなミュージシャンと親交を深めつつ、'06年に自主制作した「陽当良好」がクチコミで広がってファンを増やす

'08年1月9日には、初のミニアルバム「Leaflet:リーフレット」を(株)トイズファクトリーの「Toy's Box」レーベルより発売予定。今回のフリーダウンロード曲「晴れた日の昼下がり」も含まれている。

Leaflet ベースにつよし/伊賀航、ドラムに冨田政彦、キーボードに溝田志穂、エンジニアに池内 亮──という豪華ゲスト陣を向かえてレコーディングされたミニアルバム「Leaflet:リーフレット」。「晴れた日の昼下がり」「長い道草」「忘れるうた」「変化」「雨のあと」の5曲を収録。価格は1000円

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中