このページの本文へ

お尻をクルリン! ユニークなUSBコネクタ構造を採用するUSBフラッシュメモリがA-DATAから登場!

2007年12月01日 23時58分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 A-DATAからユニークなUSBコネクタ構造を採用するUSBフラッシュメモリ「N702」が登場した。

「N702」 本体
ユニークなUSBコネクタ構造を採用するA-DATA製USBフラッシュメモリ「N702」

 「N702」は、スクエアなデザインで一見なんの工夫もないような一般的なUSBフラッシュメモリに見えるが、黒いパーツ部分をひねると、逆の部分からUSBコネクタが現れるユニークな構造を採用しているのが特徴だ。また、この構造を採用することでキャプレスとなり、キャップ紛失という心配もなくなるたろう。容量は1GBで、カラーはレッド、ブラック、ブルーの3色がラインナップ。価格はパソコンハウス東映で1780円となっている。

コネクタ構造 仕様
黒いパーツ部分をひねると、逆の部分からUSBコネクタが現れるユニークな構造を採用しているのが特徴。この構造を採用することでキャプレスとなり、キャップ紛失という心配もなくなるたろう

 なお、以前までA-DATA製品には大文字でメーカー表記がされていたが、本製品を始め、今週入荷した製品からは小文字のadataという表記に変更されている。ただし、A-DATAのウェブサイトを見る限りロゴの変更などの記載は見られなかった。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中