このページの本文へ

Macのあらゆる音声をストレスフリーでキャッチ&エディット

アイギーク、音声キャプチャーソフト「WireTap Studio ver.1.0」を発売

2007年11月06日 19時05分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイギーク(株)は27日、米アンブロジアソフトウェア社製の音声録音/編集ソフト「WireTap Studio ver.1.0」を発売した。価格は、同日より発売するダウンロード版が8820円、12月7日に発売するパッケージ版が1万3400円だ。

KWireTap Studioパッケージ

米アンブロジアソフトウェア社製のオーディオキャプチャーソフト「WireTap Pro」をベースに新しく生まれ変わった音声録音/編集ソフトだ

WireTap Studio ver.1.0」は、Macが再生/入力するあらゆる音声を録音できる。内蔵マイクを使ってボイスメモとして使用することも可能だ。

メインコントローラー

メインコントローラーのウィンドウ。マイクの設定や録音の開始/停止などの操作が可能だ

本ソフト独自の「LivePreview」機能により、ビットレート圧縮形式や各種効果の変更といった編集内容は、いちいち保存しなくてもリアルタイムに確認可能だ。また、ロスレス機能によって編集前の状態をバックグラウンドで保存しているため、簡単に元の状態に戻すこともできる。

録音したデータは専用ライブラリに追加される(左)。フェードイン/フェードアウトなどのエフェクト追加も簡単に行える編集画面(右)

対応システムは、OS X 10.4以上(Leopard対応)。対応マシンはPowerPC G4以上またはインテルCPUを搭載したMac。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中