このページの本文へ

Leopardでログインできない問題も解決!

アップル、iMac/Mac Proのファームウェアアップデーター2本を公開

2007年11月10日 00時02分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は、iMacとMac Proのハード的な問題を修正するアップデーター「iMac ソフトウェア・アップデート 1.2.1 (Tiger)」と「ハード・ドライブ・アップデート 1.0」を公開した。対象機種では「ソフトウェア・アップデート」経由で入手できるほか、同社のウェブサイトよりダウンロードできる。

iMac ソフトウェア・アップデート 1.2.1 (Tiger)」は、グラフィックを用いたゲームやアプリケーションのパフォーマンスを改善するもので、2.0/2.4/2.8GHzの20/24インチiMacが対象。OS X 10.5 Leopardをインストールした際に起きる問題も同アップデーターで解消される。

ハード・ドライブ・アップデート 1.0」は、Intel Core 2 Duoを搭載したiMacおよびMac Proが対象のアップデーターだ。アップデートアプリケーション(Hard Drive Update 1.0.app)をインストールして指示に従って作業する必要がある。なお、対象Macのユーザーでも、特定のハードディスクを搭載していない場合は、アップデートする必要がないと警告で知らせてくれる。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中