このページの本文へ

NVIDIA、インテル製CPU向けグラフィックス統合型チップセットを発表

2007年09月26日 21時43分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米エヌビディア(NVIDIA)社は25日、インテル製CPUに対応するグラフィックス機能統合型チップセット3機種を発表した。ラインナップは、「GeForce 7150 + nForce 630i」「GeForce 7100 + nForce 630i」「GeForce 7050 + nForce 630i」。

GeForce 7150 + nForce 630i
GeForce 7150 + nForce 630i

 今回発表された3つのチップセットを搭載したマザーボードは、いずれもFSBが1333MHzまで(GeForce 7050 + nForce 630iは1066MHzまで)のCore 2ファミリー/Pentium D/Pentium 4/Cerelon DのCPUを搭載できる。製造プロセスが45nmの「Penryn」プロセッサーの搭載も可能という。メインメモリーはDDR2-800までに対応する(GeForce 7050 + nForce 630iはDDR2-667まで)。

 グラフィックス機能は、いずれもDirectX 9.0とシェーダーモデル 3.0をサポート。GeForce 7050 + nForce 630i以外の2機種はHDMIインターフェースをサポートし、HDCPにも対応する。GPUのコアクロックは、GeForce 7150 + nForce 630iとGeForce 7100 + nForce 630iが600MHz、GeForce 7050 + nForce 630iが500MHz。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン