このページの本文へ

ワープロ・表計算・プレゼンテーションソフトのセット

IBM、無料のオフィスソフト「IBM Lotus Symphony」を提供開始

2007年09月19日 19時15分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米International Business Machines(IBM)社は現地時間の18日、無料のオフィススイート製品「IBM Lotus Symphony」の提供を同日付けで開始したと発表した。同社のウェブサイトからダウンロードできる。英語版のみの提供となっており、ダウンロードには会員登録が必要。

Lotus Symphony Documents Lotus Symphony Spreadsheets Lotus Symphony Presentations
Lotus Symphony DocumentsLotus Symphony SpreadsheetsLotus Symphony Presentations

 IBM Lotus Symphonyは、8月に発表されたコラボレーションソフト「Lotus Notes 8」に採用されている、ワープロソフト「Lotus Symphony Documents」、表計算ソフト「Lotus Symphony Spreadsheets」、プレゼンテーションソフト「Lotus Symphony Presentations」の3本で構成されるオフィススイート。Microsoft Office(OpenXMLには未対応)やOpen Document Formatと互換性のあり、各コンテンツをPDFとして出力が可能。対応OSはWindows Vista/XP、SUSE Linux Enterprise Desktop 10/Red Hat Enterprise Linux 5など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン