このページの本文へ

iLifeとQuickTimeの互換性を改善

アップル、「QuickTime 7.2 用互換性アップデート」を配布

2007年09月13日 22時33分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は11日、QuickTime 7.2用アップデーター「QuickTime 7.2 用互換性アップデート」(Compatibility Update for QuickTime 7.2)を公開した。容量は18.1MBで、同社のダウンロードページやソフトウェア・アップデート経由で入手できる。

Software Update

「アップル」メニューの「ソフトウェア・アップデート」を実行すると、対象となるアップデーターが表示される。ダウンロードページより入手すると容量は18.1MBだが、「ソフトウェア・アップデート」経由では18.7MB

本アップデーターは、起動ディスク直下の「システム」→「ライブラリ」→「QuickTime」にある「QuickTimeComponents.component」の内部ファイルを書き換えて、iLifeとQuickTime 7.2との互換性を改善する


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中