このページの本文へ

3Dのぱらちゃんも!!

東芝、セカンドライフ内でノートPC『dynabook Satellite WXW』広告キャンペーンを実施

2007年08月27日 13時31分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は27日、GPUにGeForce 8700M GTを搭載したウェブ販売限定のノートパソコン『dynabook Satellite WXW』の広告キャンペーンを、米リンデン・ラボ(Linden Lab)社の3D仮想空間サービス“Second Life”(セカンドライフ)内において、同日開始したと発表した。日本人居住区“MagSL Tokyo”で、9月26日まで実施する。

製品広告ボード

製品広告ボード

キャンペーンとして、dynabook Satellite WXWの製品広告ボードをMagSL Tokyo内に10ヵ所設置する。この広告ボードをクリックすると、製品の特徴や仕様などの製品説明と同時に、同社のオリジナルキャラクター“ぱらちゃん”の3Dモデルが製品をアピールするという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン