このページの本文へ

Word 2007とPowerPoint 2007のファイルを閲覧/編集可能に

マイクロソフト、Office 2007のMac用コンバーターをバージョンアップ

2007年08月02日 22時13分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は8月1日、Windows版の「Office 2007」(2007 Microsoft Office system)で作成されたOffice Open XMLファイルを、Mac版の「Office 2004」および「Office v.X」と互換性のある形式に変換できるコンバーター「Microsoft Office Open XML File Format Converter for Mac」のバージョン0.2を公開した。開発途上のベータ版のため配布されるのは英語版のみとなる。使用期限は、2007年12月31日まで。変換可能なファイルシステムは、

  • Word文書(*.docx)
  • Wordマクロ有効文書(*.docm)
  • PowerPointプレゼンテーション(*.pptx)
  • PowerPointスライドショー(*.ppsx)
  • PowerPointテンプレート(*.potx)

の5形式。WordのファイルはRTF形式、PowerPointのファイルはppt形式に変換される。RTF/ppt形式から、.docx/.docm/.pptx/.ppsx/.potxに逆変換することはできない。まあ、拡張子の末尾に「m」が付くマクロ有効文書は、マクロが取り除かれた状態でコンバートされる。

「Microsoft Office Open XML File Format Converter for Mac」のメイン画面。中央に対応するファイルをドラッグ&ドロップすれば、Mac版のOfficeで開ける形式に変換できる

初期設定では、変換後のファイルの保存場所やドラッグ&ドロップ後に自動的に変換を実行するかどうかなどを指定可能だ

マイクロソフト(株)が配付しているWindows版Word 2007用テンプレートファイル「2007 birthday-anniversary calendar」をWindows上で開いた画面

同じファイルをコンバーターで変換して、Mac OS X版のWord 2004で開いた画面。レイアウトがほぼ維持されていることがわかる

バージョン0.1と比べると、PowerPointのファイルを読み込めるようになった点が改良されている。

マイクロソフト(株)が配付しているWindows版PowerPoint 2007用ファイル「PowerPoint 2007 のご紹介」をWindows上で開いた画面

同じファイルをコンバーターで変換してMac OS X版PowerPoint 2004で開いた画面(右)。こちらもレイアウトがほぼ維持されている

既知の問題は、コンバーターの「Help」メニューにある「Office Converter Help」を選ぶとアクセスできる、ウェブサイトのヘルプページで確認できる。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中