このページの本文へ

順次全国のマクドナルドで“iD”が利用可能に

NTTドコモ、マクドナルドと会員向けプロモ会社“The JV”を設立

2007年07月30日 22時06分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは30日、日本マクドナルドホールディングス(株)と共同で、マクドナルドが新たに設立する会員組織の新会員向けにプロモーション活動などを企画・運営する新会社“The JV株式会社”を今月31日に設立すると発表した。

The JVでは、おサイフケータイを使ったe-マーケティングの展開を実施し、2008年2月から新たな会員組織のサービスの企画や運営業務を行なう。既存のマクドナルドのメール会員“トクするケータイサイト”会員にも新会員組織へ勧誘し、従来のケータイメールによるサービスに加えて、電子決済サービス“iD”(アイディー)や“トルカ”などを使った会員サービスや特典の提供を推進していくという。

マクドナルドでは、iDの利用が可能なリーダー/ライターを10月から、東京・お台場の5店舗など国内約50店舗に導入開始する。2008年7月以降には、東京都や関西圏の大都市圏の店舗に拡大し、順次全国のマクドナルド店舗に導入することも発表した。

新会社の資本金は1億5000万円。出資比率は日本マクドナルドホールディングスが70%、NTTドコモが30%。社長にはマクドナルド出身の前田信一氏が就任する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン