このページの本文へ

アクト・ツー、DVDビデオ変換ツール『グレートビデオ 2.2』を発売

2007年07月27日 23時00分更新

文● 小口博朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アクト・ツーは26日、DVDビデオの変換ユーティリティー『グレートビデオ 2.2』を発売した。価格は、パッケージ版が9800円、ダウンロード版が8400円。

『グレートビデオ 2.2』
DVDからビデオをリッピングする『グレートビデオ 2.2』

Mac OS X標準では読み込みに対応していない、追記型の記録形式“VRフォーマット”のDVDディスクを認識し、QuickTime形式のビデオファイルに変換できる。VRフォーマットは、DVDレコーダーなどで、主にDVD-RAMにビデオを記録する際に利用されることが多い。読み込んだビデオはiDVD、iMovieのほか、QuickTimeに対応する市販のビデオ編集ソフトから読み込んで編集が可能だ。

今回のバージョンでは、ソフトがUniversalバイナリー化され、インテルMacでネイティブ動作するようになったうえ、Apple TVやハイビジョンテレビ用に自動で変換する機能が追加された。対応OSは、Mac OS X 10.4.2以上。動作にはQuickTime 7.0.2以上が必要になる。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中