このページの本文へ

ニフニフ動画に新機能も追加

ニフティ、タイムラインを共有できるサービス“@nifty TimeLine β”の全面リニューアルを実施

2007年07月10日 15時52分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニフティ(株)は10日、年表などの“タイムライン”の作成/共有ができるサービス“@nifty TimeLine β”(アット・ニフティ・タイムライン・ベータ)の全面リニューアルを同日付けで実施したと発表した。

@nifty TimeLine β @nifty TimeLine β

@nifty TimeLine βのリニューアルでは新たに、トップページに誰でも参加できるタイムラインを紹介した“みんなで作ろうタイムライン”や、人気のユーザーをランキング化した“人気のユーザーランキング”などのコンテンツを追加し、サイトデザインとレイアウト構成を扱いやすくした。また、検索機能においても従来からあるタイムライン名での検索に加えて、記事の全文検索ユーザー名での検索機能を追加した。そのほか、ユーザーが作成したタイムラインをジャンル別に整理して、各ジャンル別のタイムラインの最新記事を1つのタイムラインとして表示可能にしている。

ニフニフ動画β版にコメントのサイズ調節機能などを追加


併せて同社では、米グーグル社(google)の動画共有サイト“YouTube”に投稿された動画に対して、リアルタイムでコメントを付けられるウェブサイト“ニフニフ動画β版”に、投稿されたコメントの大きさやスクロールする速さを調節できる機能などの追加を同日付けで実施したと発表した。

ニフニフ動画β版 ニフニフ動画β版

追加された機能はコメントのサイズ調節機能のほか、コメントの表示方法として、文字が上から下に流れる“上から下に”、文字が拡大して表示される“拡大”、文字が震える“プルプル”など。コメント入力ボックスはタブ形式を採用しており、コメント入力ボックスを閉じて表示できるコメント範囲を拡大できるようになった。そのほか、コメントを作成した動画を貼り付けられるブログパーツのコンパクト化を図っている。

同社ではこのリリースにあわせて、ユーザーにサービスをより楽しんでもらうため動画コンテスト“教えて?nifoo”(おしえて?にふー)を12日から実施する。書き込まれたコメント数でどの動画が1番盛り上がったかを競うという。タグに“教えて”と記入して投稿することで、コンテストに参加できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン