このページの本文へ

バイ・デザイン、地デジチューナー内蔵19インチハイビジョン液晶TV『LW-1906DHYTD』を発売

2007年07月03日 17時23分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイ・デザイン(株)は3日、同社のセカンドブランド“tecHDisplay”(テックディスプレー)において、地上デジタルチューナー内蔵の19インチハイビジョン液晶テレビ『LW-1906DHYTD』を同日付けで発売すると発表した。直販サイトで販売し、価格は5万9800円(送料別)。

LW-1906DHYTD LW-1906DHYTD

LW-1906DHYTDは、解像度が1440×900ドット(16:10)のハイビジョン(720p)に対応した液晶パネルを採用し、データ放送やネットワークの機能を省略してデジタルチューナーを地上デジタル放送のみにすることで低価格化を図ったのが特徴。EPG機能(電子番組表)に対応している。輝度は300cd/m2、コントラスト比は500:1、表示色数は1620万色、視野角は上下130度/左右150度で、応答速度は8ms。入力端子はD4、Sビデオ、コンポジットビデオ、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を、出力端子にはデジタル音声(TOS-LINK)を装備する。スピーカーは内蔵1ウェイステレオスピーカー(2.5W+2.5W)を採用している。

本体サイズは幅568×奥行き186×高さ444mmで、重量は8.5kg(スタンド含む)。電源はAC100Vで、消費電力は70W(待機電力は15W以下)。リモコンとB-CASカード(ブルーカード)、単4形乾電池2本(リモコン用)、各種ケーブルが付属する。専用壁掛け金具にはオプションで対応している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン