このページの本文へ

デジタルステージ、5ステップでウェブサイトを作れる『BiND for WebLiFE』を発表

2007年06月29日 05時00分更新

文● 木下健児

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
『BiND for WebLiFE』パッケージ
BiND for WebLiFE』パッケージのイメージ画像

(株)デジタルステージは26日、ワープロやブログ感覚でデザインのいいウェブサイトを手軽に作成できるというソフト『BiND for WebLiFE』(バインド・フォー・ウェブライフ)を9月14日から発売すると発表した。Mac OS X版とWindows版を用意し、価格はどちらも1万9800円。

BiND for WebLiFEは、HTMLとAjaxベースの本格的なウェブ制作ソフト。テンプレートの要素を“エリア”“レイアウト”“ブロック”に分け、それぞれのパーツから好きなものを選んで編集/調整を繰り返しながらページを組み立てるという仕組みになる。独自エンジンによって1億通りを超すデザインバリエーションを実現した。

時間がない場合やウェブ制作に不慣れな初心者は、“おまかせ機能”を使えば、わずか5クリックでウェブサイトを完成させることも可能。あらゆるブラウザの互換性を保証するなど、個人だけではなく企業のシビアな要求にも応えられる設計にもなっているという。

対応OSは、Windows Vista(64bit版とサーバー版を除く)/XP/2000(SP4)、Mac OS X 10.3以上。対応機種は、Windows版が256MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機、Mac版がPowerPC G5以上のCPUと512MB以上のメモリーを搭載したMacintosh。なお、Mac版のソフトは、PowerPCとインテル製CPUの双方に対応するUniversalバイナリーとなっている。

『BiND for WebLiFE』サイトエディタ BiND for WebLiFE』サイトエディタのイメージ画像。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中