このページの本文へ

ニフティ、動画内の面白い場面とつまらない場面をグラフ表示する“グフフ動画β版”を開始

2007年06月21日 15時35分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニフティ(株)は21日、“@nifty”からはみ出した、規格外の企画を提供するサービス“はみだし@nifty”において、動画内の面白い場面とつまらない場面をグラフ表示するサービス“グフフ動画β版”を同日付けで提供を開始すると発表した。“@nifty”会員、およびユーザーIDとメールアドレスを登録することで“@nifty”のコンテンツを利用できるサービス“PLEASY”(プリージー)の会員が無料で利用できる。

グフフ動画β版 グフフ動画β版

グフフ動画β版は、YouTubeに投稿された動画に、グフフ動画β版のインターフェースを通じて表示されている動画に対して“面白い”か“つまらない”か、を投票できるサービス。面白ければインターフェースに設置してある“グフフッ”をクリックし、つまらなければ“ブ~”をクリックすることで、動画に対する評価を投票できる。その投票内容をグラフで表示して動画の評価を時間軸で視覚的に判断できるのが特徴。評価の付いた動画をブログパーツにしてユーザーのブログに貼り付けることもできる。

現時点では、YouTubeのみの対応だが、今後は同社の動画共有サービス“@niftyビデオ共有β”への対応も予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン