このページの本文へ

YouTubeは秋までに全コンテンツをH.264で提供

iPhoneとApple TV、“YouTube”に対応

2007年06月20日 22時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPhone
iPhone

米アップル(Apple)社は現地時間の20日、同社が29日に米国で出荷予定の携帯電話機『iPhone』に、YouTubeの動画再生ソフトを追加すると発表した。

iPhoneの新ソフトを利用すれば、Wi-Fi、またはEDGEネットワークを経由してYouTubeのコンテンツを無線で入手し、ストリーミング再生できる。その操作の様子は、米アップルのウェブサイト内にある専用ページにて確認可能だ。

また、以前から告知されていたように、同社のネットワークメディアプレーヤー『Apple TV』用のアップデーターが本日から提供される。YouTubeのメンバーは、Apple TVからYouTubeにログインして、好きなビデオを見たり、お気に入りに保存することが可能だ。

Apple TV Apple TVを使い、YouTubeを表示させた場合のイメージ図

アップルによれば、YouTubeはH.264フォーマットによるビデオのエンコードを開始しており、iPhoneはそのH.264ビデオを使う最初のモバイル機器になるとのこと。H.264ビデオは、iPhone発売の29日には1万本視聴できる状態になっていて、さらに今秋までに毎週、すべてのビデオをH.264フォーマットで順次追加していく予定という。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中