このページの本文へ

アイ・オー、単体でCD/DVDがコピーできるDVDスーパーマルチドライブ『DVR-UW8DP2』を発売

2007年06月20日 19時03分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は20日、パソコンに接続することなく単体でCD/DVDがコピーできる片面2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブ『DVR-UW8DP2』を7月下旬に発売すると発表した。価格は5万3000円。


また、高さ122cmからの落下試験に合格し、100kgfの圧力からHDD本体を守るという堅牢設計のポータブルHDDHDPG-SUX”シリーズを発表した。250GBモデルを今月末に、300GBモデルを7月下旬に発売する。価格は250GBモデルが3万3800円、300GBモデルが4万1300円。さらに、同社の液晶ディスプレーを購入する際、手持ちの液晶ディスプレー(同社製でなくても可)を下取りに出すことで、新しい液晶ディスプレーを割り引き価格で購入できる“液晶ディスプレイ下取りサービス”を本日開始したと発表した。

DVR-UW8DP2 DVR-UW8DP2

DVR-UW8DP2は、本体に2台のスリムタイプのスロットイン方式DVDスーパーマルチドライブ(ティアック(株)製『DV-W28SL』を採用)を内蔵し、単体でCD/DVDのコピーが行なえるもの(コピープロテクトのかかったメディアを除く)。2006年2月に発表された同社の従来製品『DVR-UW8DP』(関連記事)に比べて、新たに8cmDVDメディアのコピーに対応したのが特徴。コピーを行なう際は、コピー元のメディアを2台あるうちの上のドライブに、コピー先のメディアを下のドライブに挿入すると自動的にコピーが開始される。また、モードを切り替えることで2台のパソコン用外付けDVDスーパーマルチドライブとして使用することも可能。

書き込み速度はDVD±Rが8倍速、DVD±R DLが4倍速、CD-Rが24倍速。DVD-RAMの書き換え速度は5倍速。インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed対応)/1.1に対応する。本体サイズは幅162×奥行き240×高さ48mm、重量は約1.5kg。電源は付属ACアダプターを利用する。対応OSはWindows Vista/XP/2000。

HDPG-SU250X HDPG-SU250XK
HDPG-SU250X(ホワイトモデル、外観はHDPG-SU300Xも共通)HDPG-SU250XK(ブラックモデル、外観はHDPG-SU300XKも共通)

HDPG-SUXシリーズは、2006年11月に発表された堅牢設計のポータブルHDD“HDPG-SU”シリーズを大容量化したもの。容量が250GBの『HDPG-SU250X』と、容量が300GBの『HDPG-SU300X』の2種類をラインナップする。そのほかの違いとして、アルミ部にガンメタリックアルミニウムを採用している。耐衝撃・耐圧力機構はHDPG-SUシリーズ同様で、米国国防総省の軍事品に対して実施されているという高さ122cmの落下試験に合格したほか、シェル構造の採用により100kgfの圧力からHDD本体を守るという。

インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed対応)/1.1に対応。本体サイズは幅86.4×奥行き132.5×高さ24.6mm、重量は約265g。対応OSはWindows Vista/XP/2000(SP4以上)/Me/98 SE/98、Mac OS 9.1/9.2、Mac OS X 10.1~10.4.9。本体カラーはホワイトとブラックの2種類。

液晶ディスプレイ下取りサービスは、個人ユーザーを対象として、同社直販サイト“ioPLAZA”において本日受け付けを開始するほか、7月以降は法人ユーザーを対象にすることも検討しているという。下取りの対象となる製品は、アイ・オー・データ機器の液晶ディスプレー“LCD”シリーズ全製品(液晶テレビの“FTV”シリーズは対象外)、および14インチ~24.1インチの他社製液晶ディスプレー。なお、同社では本日より、同社製液晶ディスプレーの買取サービスも開始している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン