このページの本文へ

機密情報の漏洩を防ぐ

アップル、QuickTime用のセキュリティーアップデーターを公開

2007年05月30日 19時30分更新

文● 小口博朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米アップル社は30日、Mac、Windows用の『Security Update (QuickTime 7.1.6)』を公開した。Mac環境では『ソフトウェア・アップデート』、Windows環境『Apple Software Update』を実行することで自動的にインストールできる。

『Security Update (QuickTime 7.1.6)』アップデート Mac環境のソフトウェア・アップデートは、アップルメニューから実行できる

同アップデーターを適用することで、ウェブサイトの閲覧を通じて悪意のあるコードが実行される危険性や、個人情報などの機密情報が漏洩する危険性を回避できる。アップルではすべてのユーザーに対して、同アップデーターの適用を推奨している。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中