このページの本文へ

今度は予想外の“株主割”!?

ソフトバンク、100株以上の株主へのソフトバンク携帯電話の優待制度を発表

2007年05月23日 19時50分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンク(株)は23日、同社株主に対して、ソフトバンクモバイル(株)の携帯電話の優待制度“ソフトバンク携帯電話株主優待”を開始すると発表した。

この優待制度では、100株以上の株主がソフトバンクモバイルの携帯電話を新規契約すると、1回線あたり1万円のキャッシュバックと、友人への紹介で新規契約がされた場合に、紹介者と被紹介者にそれぞれ5000円がキャッシュバックが行なわれる。

ただし、法人契約回線は対象外で、1万円キャッシュバックは、株主1人あたり1回線まで紹介による特典は最大3回までという制限がある。

優待制度を受けられる株主は、毎年3月31日および9月30日の時点で100株以上を保有していることが条件となる。今年の3月31日現在での対象株主には、郵送で株主優待券が配られる。キャッシュバックは郵便小為替で行なわれる以外の詳細は、郵送される株主優待券において案内されるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン