このページの本文へ

“GeForce 8600”シリーズ、まずはGigabyteのファンレスモデル!

2007年04月25日 22時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 お馴染み「今日の“GeForce 8500/8600”シリーズ」のコーナーだが、本日は2本に分けて紹介する。まずはファンレス仕様となるGigabyte製の2モデルからだ。

2モデル GV-NX86T256D
ファンレス仕様となるGigabyte製の2モデル。どちらもSilent-Pipeを採用する製品だ“GeForce 8600 GT”搭載の「GV-NX86T256D」。“Silent-Pipe IIテクノロジー”を採用、コア/メモリクロックは標準の540MHz/1400MHzで、インターフェイスはDualDVI/TV-OUT(HDTV出力対応)、搭載メモリがDDR3 256MBとなる

 “GeForce 8600 GT”搭載の「GV-NX86T256D」は、同社の“Silent-Pipe IIテクノロジー”を採用するファンレス仕様の製品。「従来のSilent-Pipe IIとは全く形状が違うような……」という突っ込みは置いといて、製品は一部基盤からはみ出すほど大きい黒のヒートシンクが特徴で、内部にはヒートパイプが走っているのも確認できる。
 ポイントは、なんと言ってもファンレスでありながらカードの厚みが1スロットに収まっているところ。ケース内のエアフローに気を使わなければならないのは言うまでもないが、売れ筋の“GeForce 8600 GT”搭載で1スロット仕様のファンレスモデル。人気となるのは間違いない。価格はアークと高速電脳で1万8000円、フェイスで1万8970円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万9180円となっている。

「GV-NX86T256D」
ファンレスでありながらカードの厚みが1スロットに収まっているところがポイント。人気となるのは間違いなさそうだ

 もうひとつの「GV-NX86S256H」は、“GeForce 8600 GTS”搭載のファンレスモデル。前述の“Silent-Pipe IIテクノロジー”をさらに進化させたと思われる“Silent-Pipe 3テクノロジー”を採用する製品だ。GPUに取り付けられた大型のヒートシンクとI/O部寄りに取り付けられたヒートシンクを2本のヒートパイプで接続するという大掛かりなもので、当然2スロット仕様となる。価格はアークと高速電脳で2万9600円、フェイスで2万9970円、T-ZONE.PC DIY SHOPで3万980円となっている。
 なおファンレス仕様の“GeForce 8600 GTS/8600GT”搭載モデルとしては、先週一部ショップでMSI製の2モデルが販売されている。週末には複数ショップでも取り扱いが始まる予定だ。

「GV-NX86S256H」 「GV-NX86S256H」 Silent-Pipe 3
“GeForce 8600 GTS”搭載のファンレスモデル「GV-NX86S256H」。“Silent-Pipe 3テクノロジー”を採用。コア/メモリクロックなどはNVIDIAの公式仕様通りとなる675MHz/2000MHz。インターフェイスはDualDVI/TV-OUT(HDTV出力対応)、搭載メモリがDDR3 256MBとなる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中