このページの本文へ

コミケ出展サークル必需品!手動式フィルム包装機をドスパラアキバ店で展示中

2007年04月14日 23時01分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラアキバ店2階の「Primeクリエイトショールーム」で、CDやDVDを透明フィルムで包装する手動式フィルム包装機を展示中だ。同人ソフトのパッケージングなどに絶大な効果を発揮する、アキバならではのマニアックな機材だ。製造元はエヌケー機商。

「てまきジュニア」

5~25mm厚のプラケースに対応した、手動式フィルム包装機「てまきジュニア」

「てまきボーイ」

ドスパラアキバ店2階にデモ機を展示中。デモ機は厚さ50mmまで対応した上位モデルの「てまきボーイ」

 使い方は簡単。包装したいCDケースやDVDのトールケースを専用の透明フィルムで包み、フィルムを熱で圧着 させるだけ。同人ソフトなどは、ケースに透明フィルムのシュリンク包装がされているかどうかが売り上げに大きく影響する。とはいえ、シュリンク包装を専門業者に依頼すると、それなりの金額がかかるうえに、加工最低枚数が多かったりと、割とハードルが高い。そこで、本機材を導入すれば、自分で好きな数だけシュリンクでき、ソフトの売り上げアップにも繋がるなど、いいことだらけ。製品のサイズは280(W)×300(D)×250(H)mmで重量は6kg。価格は25万円程度で、詳細は同店で応相談とのこと。

「てまきジュニア」

電源を入れてから使用するまでにはやや時間がかかる。緑の数字(温度)が赤い数字にまで上昇すれば準備完了

「てまきボーイ」

透明フィルムは1枚7円で、500枚単位で販売している。フィルムはCDケース用とDVDケース用がある

●これであなたもシュリンク職人

フィルムを敷く

透明フィルムを敷く

ケースを置く

CDケースをフィルムの上に置く

フィルムを巻く

クルリとフィルムを巻く

圧着

圧着!

フィルムを折り込む

フィルムをキャラメルの包みのように折り込む

マシンにセット

マシンにセット!

圧着!

圧着!反対の辺も同様に折り込んで圧着

完成

これで完成。製品の売り上げも倍増か?

破る

シュリンクを破る喜びも思う存分楽しめる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中