このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

危険な香り漂う苺ましまろ小学生がフンドシ! あのアオシマもボインちゃん爆弾を投下!

2007年04月04日 23時50分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「こんなの、なのはちゃんじゃネーッ!」という声が聞こえそうであるが、ついに「魔法少女リリカルなのはStrikerS」オンエア開始! まぁまぁ、ソレはソレとして、スカートが短くなったから期待しようじゃぁないか! 同志よ!
 なわけで、本日は“12歳(小6)のフンドシ”という、ネトゲのバグによるレアアイテムクラスの貴重品をお届け! 聞いて驚け! あの「苺ましまろ」だぞ!
 そしてモデラーにはおなじみの、あのアオシマが遂に何かがふっ切れ、本格的な美少女フィギュアに核弾頭を投下してきた。しかも「光と水のダフネ」級の露出度だ。さらには、往年の巨大ロボ「UFOロボ グレンダイザー」(若者よ、「グレンガラン」じゃねーぞ!)から、合体飛行ユニットのパイロットで“ボインちゃん”という言葉がふさわしい“マリア・フリード”さんをステージにお招きした!

あの“デコトラ”プラモのアオシマが
美少女フィギュアに参戦!! ある意味デコ少女!?

ルディー
「光と水のダフネ」も強烈なコスチュームだったが、それ以上のド肝を抜かれるプチアーマー。これがアオシマ製でっせ!

 プラモデルのアオシマと言えば、派手な電飾や空力を無視したエアロパーツの“デコトラ”シリーズに、シャコタン車のプラモデルが超有名。30歳代後半のマニアなら、何台か作った覚えもある人が多いだろう。
 なにしろワゴン車のエスティマだって、アオシマじゃあシャコタン仕様のプラモでリリースされるから、どんな会社かと思いきや、登記上の名前は“青島文化教材社”という至極真っ当なお名前。名は体を表さないという見事な実例である。

 そんなアオシマだが、ここ数年女性自衛官や、インカムにスコープ&機銃を装備した戦う中学生のリアル萌えフィギュアをリリースし、マニアから“現場で何が起こってるんだ! アオシマっ!!”と心配されていた。そして今回発表されたのが、この作品だ。人気イラストレーターの山下しゅんや氏デザインのオリジナルキャラ「ルディー」である。遂に“何”かが吹っ切れたようだ。
 思いっきり萌え路線に舵を向けたアオシマのキレっぷりは、写真を見れば一目瞭然。どうよ? この完成度。「光と水のダフネ」に出演してもまったく違和感ない、下着型アーマー。急所は隠されていないので、アーマー型下着か!?

ルディー全身前 ルディー全身背中
ルディーちゃんの肉々しいボディー! 乳ばっかりみてないで、背中の背骨見てみろって!! それとウェストの肉!! 新たなる萌え所をアオシマは提起してるぞ!

 ちなみにオリジナルデザイン画は、こんな感じ。

ルディー原画前 ルディー原画背中
見比べるべきところは、ブラ型アーマーの位置。フィギュアは原画より露出度が上がってるし……。アオシマえらいっ! そして背中はお尻のラインがよりキュートに修正されている!! (c)山下しゅんや

 美少女にアーマーってことで、ある意味アオシマ18番のデコレーション系。しかし華美にならず、運動性能を考えた上のデザインは、なかななにソソられるじゃぁ~ないか!
 そして喜べ! お前ら(含む筆者)が泣いて喜ぶキャストオフもあるぞ! それがコレだっ!

ルディー バストアップじゃなくて“バスト”のアップ! ブラ型アーマーをとったら心臓が無防備になるという点から見ると、これは下着ではなく貞操帯か!? 腰のダイヤルは指紋認証式ロックとか? なお写真では、ぼかしがかかっている部分があるが、実物はちゃんとなっているぞ。このページはまったく相手にはしていないが、ちびっ子も閲覧可能(!)なので、ちょっと修正

 青島文化教材社より7月に発売される予定で、価格は6090円となるそうだ。オリジナルキャラで、ここまで欲しいと思わせるものは、滅多にないぞ!
(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ