このページの本文へ

AGP対応のNVIDIA系GPUでは最速!“GeForce 7950 GT”搭載カードがXFXからデビュー!

2007年04月03日 21時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 これが最後のAGP対応製品となるのだろうか? AGP対応のNVIDIA系GPUでは最速となる“GeForce 7950 GT”搭載ビデオカード「PV-T71A-YDF7」が本日XFXから発売となった。

PV-T71A-YDF7
AGP対応のNVIDIA系GPUでは最速となるXFX製“GeForce 7950 GT”搭載ビデオカード「PV-T71A-YDF7」。AMD系GPUの最速製品としては“Radeon X1950 XT”搭載の玄人志向「RX1950XT-A256HW」もありが、今回登場した「PV-T71A-YDF7」とは双璧をなす格好となる

 NVIDIA系GPUの最速製品としては、先月24日にやはりXFXから発売された“GeForce 7900 GS”搭載ビデオカード「PV-T71K-UDF7」があるが、わずか10日でその記録は更新。AMD系GPUの最速製品としては“Radeon X1950 XT”搭載の玄人志向「RX1950XT-A256HW」もあり、今回登場した「PV-T71A-YDF7」とは双璧をなす格好となる。
 主な仕様は、コア/メモリクロックが550MHz/1300MHz(標準仕様は550MHz/1400MHz)。搭載メモリはDDR3 512MBでインターフェイスはデュアルDVI/TV-OUT(HDTV対応)という構成。「“GeForce 8600”系ビデオカードではAGP版は出ない!」と誰も断言できないところが悲しくもあるが、それでも現時点で最高クラスのAGP対応製品であるのは間違いない。価格はUSER’S SIDE本店で3万2340円、BLESS秋葉原本店で3万3800円、アークとT-ZONE.PC DIY SHOPで3万3900円(明日4日から販売)となっている。

付属品
コア/メモリクロックが550MHz/1300MHz(標準仕様は550MHz/1400MHz)。搭載メモリはDDR3 512MBでインターフェイスはデュアルDVI/TV-OUT(HDTV対応)。付属品にはDVI-AGP変換アダプタx2や、HDTVケーブルなどが付く

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中