このページの本文へ

デジタルテレビでも閲覧が可能

松下、オンラインアルバムサービスを写真SNS“LUMIX Club PicMate”にリニューアル

2007年03月19日 21時22分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は19日、デジタルカメラユーザー向けウェブサイト“LUMIX CLUB”で提供しているオンラインアルバムサービス“LUMIX CLUB Photo”を、SNS機能やデジタルテレビでの閲覧機能などを追加したサービス“LUMIX CLUB PicMate(ピクメイト)”としてリニューアルすると発表した。4月3日に提供を開始する。ユーザー登録を行なえば無料で利用できる。

“LUMIX CLUB PicMate”のイメージ “LUMIX CLUB PicMate”のイメージ

“LUMIX CLUB PicMate”は、ほかのユーザーと“ピクメイト”(友人)になったり、アップロードした写真をまとめた“アルバム”を自分の“ピクメイト”と共有したりできる“写真SNSサービス”。“ピクメイト”は“家族”“サークル仲間”など自由にグループ分けをすることができ、アルバムそれぞれについてどのグループに公開するかを選択できるため、公開する写真やその相手を細かく設定できるのが特徴。ほかのユーザーとメッセージをやりとりしたり、写真付き日記を公開したりする機能も備えている。

“LUMIX CLUB PicMate”ではアルバムのスライドショー再生/タグ(キーワード)による写真の検索/写真の印刷などが行なえるほか、アップロードした写真を外部ブログに表示したり、RSSで更新情報を確認したりできる。

“LUMIX CLUB PicMate”をデジタルテレビで閲覧したときのイメージ “LUMIX CLUB PicMate”をデジタルテレビで閲覧したときのイメージ

“LUMIX CLUB PicMate”はパソコンのウェブブラウザーだけでなく、携帯電話機(2007年7月以降に対応予定)や、ウェブブラウザー機能を備えたデジタルテレビでも閲覧が可能。同社のデジタルテレビユーザー向けサービスサイト“Panasonic TV スクエア”からアクセスできる。対応するプリンターをデジタルテレビに接続すれば、テレビ画面で確認した写真のダイレクト印刷も可能。対応プリンターは同社のホームプリンター『KX-PG2』、セイコーエプソン(株)の複合機『PM-T990』など(19日現在)。対応プリンターが接続できる松下電器産業のデジタルテレビはハイビジョンプラズマテレビ“VIERA”の“PX600”シリーズ、“PX500”シリーズ、“PX300”シリーズの各機種と、液晶テレビ“VIERA”の“LX600”シリーズ、“LX500”シリーズの各機種(19日現在)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン