このページの本文へ

4社共同で調査を実施

VRIとポータルサイト運営事業者3社、インターネット広告の視認効果の基準値を作成

2007年03月15日 19時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)、エヌ・ティ・ティ・レゾナント(株)、マイクロソフト(株)、ヤフー(株)は15日、インターネット広告の視認効果を共同で調査し、広告注目率や認知効果などの基準値の作成を行なうと発表した。3月中旬に調査を開始し、2007年度内に調査結果の発表を目指すという。

同調査は、VRIの監修のもと、NTTレゾナントのポータルサイト“goo”、マイクロソフトのポータルサイト“MSN”、ヤフーのポータルサイト“Yahoo!JAPAN”に掲載される広告を対象に、共通の方法で年間50件程度の調査を行ない、広告注目率/クリエイティブに対する評価/広告接触による視認効果などについての基準値を作成する。作成した基準値は、今後の視認効果を検証するための指標として利用するほか、ほかの媒体を含めた複合的なメディアプランニングのための基礎データとして利用するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン