このページの本文へ

Socket AM2版OpteronにTDP65Wの低電圧版が計4モデル登場

2007年03月09日 21時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日登場したSocket AM2版Opteron「Opteron 1220」に続いて、またまたOpteronの新モデルが登場した。発売されたのは従来のモデルよりも低電圧版となるTDP65Wの製品で、全4モデルが登場している。

4モデル 従来のモデルよりも低電圧版となるTDP65WのSocket AM2版Opteron。クロック周波数1.8GHzの「1210 HE」、クロック周波数2.2GHzの「1214 HE」、クロック周波数2.4GHzの「1216 HE」、クロック周波数2.6GHzの「1218 HE」が登場

 本日確認したのはクロック周波数1.8GHzの「1210 HE」、クロック周波数2.2GHzの「1214 HE」、クロック周波数2.4GHzの「1216 HE」、クロック周波数2.6GHzの「1218 HE」。いずれも製造プロセス90nm、L2キャッシュ容量2MB、TDP65Wの製品で専用クーラーの付属しないリテールパッケージ版となる。販売を始めたのはUSER’S SIDE本店。価格は「1210 HE」が2万5599円、「1214 HE」が3万7779円、「1216 HE」が4万3890円、「1218 HE」が6万5940円となっている。

1210 1218
クロック周波数1.8GHzの「1210 HE」。OPNは“OSO1210IAA6CZ”クロック周波数2.6GHzの「1218 HE」。OPNは“OSO1218IAA6CZ”

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中