このページの本文へ

ロジクール、USBフルキーボード『Classic Keyboard 200』に“ホワイト”モデルを追加

2007年03月02日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジクール(株)は2日、USB接続のフルキーボード『Classic Keyboard 200(クラシックキーボード 200)』のカラーバリエーションとして、本体色がホワイト色の『iK-21WH』の販売を16日に開始すると発表した。価格はオープン。直販サイト“ロジクールオンラインストア”では1480円で販売する。

『Classic Keyboard 200』 『Classic Keyboard 200』

『Classic Keyboard 200』(iK-21WH)は、省スペース/静音構造を採用したフルキーボード。カラーバリエーションモデルとして、ホワイトを追加する。108キー日本語レイアウトを採用し、表面にUVコーティング処理を施すことで耐久性を高めたのが特徴。キーピッチは19mm。本体は、長時間の利用でも手首への負担が少ないという“ゼロ・ディグリー・ティルト”タイプとなっており、水やコーヒーなどの飲料をこぼしても下に流れ落ちる“スピル・レジスタンス構造”も採用されている。本体サイズは幅442×奥行き165×高さ20mmで、重量は560g。

インターフェースはUSBに対応し、ケーブル長は165cm。対応機種はPC/AT互換機、Macintosh。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98、Mac OS X。ソフトウェアをインストールせずに、USBポートに接続するだけで利用できる。保証期間は3年間。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン