このページの本文へ

RAID機能搭載のeSATA/USB2.0対応外付けリムーバブルケースがラトックシステムから

2007年02月27日 22時22分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラトックシステムからRAID機能を搭載した3.5インチHDD対応外付けリムーバブルケース「SA-DK2EU-R」が発売された。PCとの接続はeSATAとUSB2.0両対応となる。

SA-DK2EU-R
RAID機能を搭載した3.5インチHDD対応外付けリムーバブルケース「SA-DK2EU-R」。スパンニングやストライピング、ミラーリングといったRAID機能を持つ

 この製品は3.5インチSerial ATA HDDに対応した2台のリムーバブルケースが収納された外付けケース。スパンニングやストライピング、ミラーリングといったRAID機能を持つのも大きな特徴だ。背面にはeSATAとUSB2.0ポート、RAID機能の切り替え用のDIPスイッチのほか80mm角の排気用ファンを装備。リムーバブルケースには同社のREX-SATAシリーズを採用しており、交換用トレイが必要になった場合も取り扱い店舗で簡単に入手することが可能だ。
 製品にはソフトウェア「RAIDモニター」が付属し、稼働中のRAIDモードと各HDDの状況を表示。エラー発生時のメッセージ表示とメール通知(RAID1使用時)を行なう機能も搭載されている。今日から販売している高速電脳では、価格3万7800円となっている。

背面 リムーバブルケース RAIDモニター
背面にはeSATAとUSB2.0ポート、RAID機能の切り替え用のDIPスイッチのほか80mm角の排気用ファンを装備リムーバブルケースには同社のREX-SATAシリーズを採用しており、交換用トレイが必要になった場合も取り扱い店舗で簡単に入手することが可能だソフトウェア「RAIDモニター」が付属し、稼働中のRAIDモードと各HDDの状況を表示。エラー発生時のメッセージ表示とメール通知(RAID1使用時)を行う機能もある

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中