このページの本文へ

2月2日は“夫婦の日”のみならず“情報セキュリティの日”!!

ニフティ/マイクロソフト/OCNらが“情報セキュリティ強化宣言”をキックオフ

2007年02月06日 16時47分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インターネットの安全な利用・活用を目標に啓発活動を行なう有志企業・団体の任意団体、情報セキュリティ対策推進コミュニティは6日、東京・六本木のグランドハイアット東京にプレス関係者を集め、IT企業のみならず広く一般企業や業界団体、自治体や学校関係などを巻き込んだ情報セキュリティーの啓発活動、“みんなで「情報セキュリティ」強化宣言!”のキックオフイベントを開催した。

高橋正和氏

マイクロソフトのチーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏

掲載当初、高橋正和氏の名前と肩書きを誤って“ニフティの経営戦略グループ担当部長の木村 孝氏”と記載しておりました。お詫びして訂正いたします。(2007年2月7日)

この活動は、内閣官房長官が議長を務める“情報セキュリティ政策会議”が定めた2月2日の“情報セキュリティの日”を契機に、広く一般ユーザーにも情報セキュリティーの重要性に対して認知を高めるのが目的。具体的には以下のような内容・スケジュールで活動を行なう。

  • 1月24日に啓発コミュニティーサイト(http://www.netanzen.jp/)をオープン
  • 本日キックオフイベントを開催
  • 今月20日~28日に“共通メッセージプログラムコミュニティ活動”を呼びかけ
  • 3月初旬に活動成果を同コミュニティーサイトで報告。同時に次年度に向けた活動の呼びかけを開始
  • 11月初旬(予定)で次年度活動の準備を開始
  • 2008年2月上旬に次年度コミュニティキックオフイベントを開催

情報セキュリティ対策推進コミュニティの活動内容

情報セキュリティ対策推進コミュニティの活動内容

参加するのに特に参加費用などは不要で、コミュニティーサイトを訪れて参加表明を行なった上で指定のバナーを入手し、各法人や団体などのウェブサイトに貼り付けて、訪問者への啓発を行なえばいい、というもの。

情報セキュリティ対策推進コミュニティのメンバーは本日(2月6日)現在で37社・団体。この中には、マイクロソフト(株)やマカフィー(株)/トレンドマイクロ(株)/シマンテック(株)/ソースネクスト(株)など、OSやセキュリティーソフトで知られるIT企業はモチロンのこと、(株)インターネットイニシアティブ(IIJ)やエヌ・ティ・ティコミュニケーションズ(株)/ニフティ(株)/ソフトバンクBB(株)などのISPも含まれる。さらに生命保険会社や建設会社、岡山市役所や香川県三豊市といったITと直接関連のない異業種や自治体なども参加して、ITリテラシーの有無に関係なくパソコンやインターネットのユーザーに広く啓発するべく努めているという。

事務局の代表を務めるマイクロソフトのチーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏は、「インターネットは今や道路と同じような欠かせないインフラになっている。情報セキュリティーも交通安全のように集中的な啓発活動を行なうべき」と、その活動の目的や意義を強調した。



特製Tシャツを着たファッションモデルも参加してアピール

特製Tシャツに身を包んだモデル4人

特製Tシャツに身を包んだモデル4人が壇上に集まった

高橋氏のセキュリティーに関する講話

高橋氏のセキュリティーに関する講話にも熱心に耳を傾ける

会場には、同企画に賛同したという国内外の雑誌やショーで活躍するファッションモデル、ジュンさん、ティナさん、兼田カロリナさん、中村健太郎さんの4人が、揃いのTシャツで登場した。このTシャツは中心に鍵穴を描いたハートマークが同心円状に並んだデザインで、セキュリティーの重要性を告知する目的があるという。

4人は仕事柄、海外からメールをやりとりしたり、個人的にオンラインショッピングを使うことも多いという。そんな場合には、「宛先が本当に知人のものか確認する」「ショッピングサイトではウェブブラウザーに鍵マーク(SSL対応)があるかどうかを確かめる」「また、実在するショップかどうかを確かめてから払い込みをする」など、簡単なチェックポイントを高橋氏がレクチャーしていた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン