このページの本文へ

dit、P2Pチェック/削除プログラム“CS-F運用支援サービス”を開始

2006年12月19日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ディアイティは18日、業務に利用するパソコンに『Winny』などのファイル交換ソフトがインストールされているかをチェック/削除するプログラム『CS-F』を開発し、法人向けサービス“CS-F運用支援サービス”としての運用を20日に開始すると発表した。価格は初期運用期間が6ヵ月で140万円(配布制限無し)で、それ以降の継続更新が6ヵ月で70万。

『CS-F』は、組織内ネットワークに接続されているパソコンにインストールされたファイル交換ソフトをチェック/削除するソフト。配布制限がないため、ユーザーが自宅で利用するパソコンにも個別で『CS-F』をインストールでき、組織内ネットワーク同様の対策を行なえるのが特徴。“CS-F運用支援サービス”は、『CS-F』を販売するのではなく、運用管理する管理者に対する運用支援サービスであるため、プログラム自体は無償だという。

対応OSは、Windows 95以上で、Vistaにも対応予定(RC2まで動作確認済み)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン