このページの本文へ

ネットジャパン、個人向けパーティション操作ソフト『PowerX Partition Manager 8 Pro』を発売

2006年12月07日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ネットジャパンは7日、パーティション操作ソフト“PowerX Partition Manager”の新バージョンとして、個人ユーザー向けに『Power Partition Manager 8 Pro』を15日に発売すると発表した。価格は9450円。先行して7日からダウンロード販売も行ない、価格は5880円。

『Power Partition Manager 8 Pro』 『Power Partition Manager 8 Pro』

“PowerX Partition Manager(パワーエックスパーティションマネージャー)”は、内蔵/外付けHDD内の既存のデータを消さずにパーティションの作成/サイズ変更/移動/コピー/結合/フォーマット/削除/復元などが行なえるパーティション操作ソフト。『Power Partition Manager 8 Pro』は、新たにWindows XP Professional x64 Editionに対応し、パーティション操作をスケジューリングして自動実行する機能、スクリプトによるパーティション操作の自動実行機能、操作結果を電子メールで通知する機能を追加したのが特徴。スクリプトでは、対話モードで使用可能なすべての操作に加え、条件付き実行/サブルーチン/反復操作/プロパティーの解析/エラー管理などの追加機能が使用できる。 対応ファイルシステムは、FAT16/32、NTFS、Linux Ext2/Ext3/ReiserFS。

対応OSは、Windows XP Professional/XP Home Edition/2000 Professional、Windows XP Professional x64 Editionで、Internet Explorer 5.0以上が必要。対応機種は、Pentium互換で動作クロック周波数が300MHz以上のCPUと、256MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機。

なお同社は、『PowerX Partition Manager 8 Pro』のWindows Vista対応版の発売時に、既存の登録ユーザーも無償でアップデートを行なえるようにするとしている。また企業向けの『Partition Manager Professional Edition』および『Server Edition』の新バージョンを2007年春に発売する予定だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン