このページの本文へ

マイクロソフト、DBアプリ開発ツール『Microsoft Visual Studio Team Edition for Database Professionals with MSDN Premium Subscription』のライセンス提供を開始

2007年01月12日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は11日、データベースアプリケーション開発ツール『Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals 日本語版』に、ソフトウェア開発を行なう開発者をサポートするサービス“MSDN Subscription”を追加した『Microsoft Visual Studio Team Edition for Database Professionals with MSDN Premium Subscription』のライセンス提供を2月1日に開始すると発表した。“マイクロソフト ボリューム ライセンス”を通じて法人/企業向けに提供する。価格は、提供形態がライセンス&ソフトウェアアシュアランスでSelectレベルAの“MSDN Premium Subscription”3年分付属が82万7000円、OPEN Businessの“MSDN Premium Subscription”2年分付属が92万4000円。ソフトウェアアシュアランスでSelectレベルAの“MSDN Premium Subscription”3年分付属が38万4800円、OPEN Businessの“MSDN Premium Subscription”2年分付属が33万9000円。

『Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals』は、データベース開発において適切な変更管理と品質向上のための取り組みを実践できるように“データベース変更管理”“データベーステストの支援機能”“データベースのオフライン開発機能”を提供する開発ツール。開発者をサポートするサービス“MSDN Subscription”を必要なVisual Studioのエディションと組み合わせて購入でき、契約期間に応じて一定期間にわたりサービスが提供される。

同社は、6月30日まで“Visual Studio 2005”の最上位のエディションである“Visual Studio 2005 Team Suite”に“MSDN Subscription”を組み合わせた“Visual Studio Team Suite with MSDN Premium Subscription”の新規購入において割引価格を設定し導入を支援するキャンペーンを実施するという。ラインアップと価格は提供形態がライセンス&アシュアランスでSelectレベルAの“MSDN Premium Subscription”3年分付属が132万3300円、OPEN Businessの“MSDN Premium Subscription”2年分付属が141万円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン