このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【Macworld 2007 Vol.9】

Mac版の独自機能も! 米マイクロソフトが語る『Office 2008』

2007年01月12日 00時00分更新

文● ITジャーナリスト 林信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シェリダン・ジョーンズ氏
米マイクロソフトのシェリダン・ジョーンズ氏

米マイクロソフト社は米国時間の9日、インテルMacに最適化されたUniversalバイナリー対応の『Microsoft Office 2008 for Mac』(以下、Office 2008)を今年後半に発売することを発表した。パッケージに含まれる主なソフトは、ワープロ『Microsoft Word』、表計算『Excel』、プレゼンテーション『PowerPoint』、メールクライアント『Entourage』など。

同製品は、デザインし直したユーザーインターフェースと、まったく新しいユーザー体験を実現するという。

新バージョンの開発で、マイクロソフトがもっとも気を配ったのは「直感的であることと、機能を見つけやすくすること」。そう語るのは米マイクロソフトのマッキントッシュ事業部(Mac BU)でグループマーケティングマネージャを務めるシェリダン・ジョーンズ(Sheridan Jones)氏だ。


ジョーンズ氏によれば、Mac OS Xの最新テクノロジーに対応したり、ユーザーから最もリクエストが多いWindows版Officeとの互換性にも最大限の注意を払ったとのこと。例えば、互換性では書類の保存形式にOpenXMLを採用し、Office 2007 for Windowsと完全な互換性を実現できるようになったという。現時点ではそのほか、以下のような新要素が公表されている。

ソフト 機能
Office全体 ワンクリックで文章の構成要素などを追加できる“Elements Gallery (エレメンツギャラリー)”ツール
ダイヤグラム、表、グラフ、チャート、組織図などを作る“SmartArt (スマートアート)”ツール
Word 段組みなど、複雑なレイアウトの文書作成に役立つ“Publishing Layout View (パブリッシング・レイアウトビュー)”機能
Excel SOHOや一般ユーザーを対象とした財務管理表の作成機能“Ledger Sheets (レジャーシート)”
My Day Entourageに登録した予定やTo Doリストの内容を1日単位で一覧表示してくれる新しい小型アプリケーション

以下、Macworld Expoの会場にて詳細をジョーンズ氏にうかがった。


機能をより見つけやすくする工夫

ジョーンズ氏はまず、米マイクロソフトは今回の新バージョンの開発に当たって、世界中の主要な顧客を訪問したが、その結果、実は80%の機能がユーザーに知られないままでいることがわかったと語った。すでに搭載済の機能を、追加してくれと頼むユーザーも多かったのだ。

そこで新Officeでは、ユーザーが必要としている機能を、より見つけやすくすることに精力を注いだという。

その代表格が、ワンクリックで文章の構成要素などを簡単に追加できる“エレメンツギャラリー”機能。ヘッダーやフッター、カバーページ、表組といった要素を手早く文章に追加できる“Document Parts(ドキュメントパーツ)”機能などもこの一部となっている。これは『Office 2007 for Windows』の“リボンUI”のようなものと考えていいだろう。

エレメンツギャラリー
書類の上部/ツールバーの下に表示されているのがElements Gallery。ここから文書に追加したいパーツを書類にドラッグ&ドロップで追加できる

Office 2008ではこうしたユーザーインターフェースだけでなく、グラフィックエンジンも改良された。新エンジンは“OfficeArt 2.0”と呼ばれ、例えば写真などが床面にうっすらと反射するような画像表現を、『Adobe Photoshop』などの専用アプリケーションに切り替えること無くワンクリックで再現できる。

アップルの『Pages』や『Keynote』を思わせる反射エフェクトも標準搭載。より多彩なグラフィック表現が可能になった

Office 2008は、Quartzなど、Mac OS Xに内蔵された機能を最大限に利用するよう設計されている。このため先の反射の映像効果などは(Quartzレンダリングエンジンの機能を使って)瞬時に反映することができるのだ。

前へ 1 2 3 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中