このページの本文へ

開催は7月5日(木)、近未来デバイスを知る

【先行体験】夢の網膜ディスプレーを発売前に一足先に試そう

2018年06月25日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

お詫び:アンケートフォームの不具合により、記事を公開~6月26日の朝まで募集受付ができない状態になっていました。申し訳ございませんが、この期間に応募いただいた方は、再度入力をいただけますようお願いいたします。

 網膜に映像を照射することで、今までにないクッキリとした映像を体験できる「RETISSA Display」。目に害がない程度の低出力のレーザーを照射。映像と背景の両方にピントが合った状態で映像を見られるため、ARなどへの応用が最適。視力が衰えてしまった人でも、ハッキリとした映像をみることができるという利点も持っています。

 アスキーストアでは、この画期的なアイウェア(メガネ型)デバイスのウェブ販売を開始予定。その販売に先立って、先行体験会を実施します。

 今回の対象はASCII倶楽部会員向けの限定となります。RETISSA Displayの開発企業であるQDレーザから担当者をお招きし、製品の技術的な特徴やメリット、将来的な応用例などを紹介していただきつつ、実際にコンテンツする時間も用意した貴重な先行体験の機会となります。

 入場料は無料。イベント開催時間内の入退場は自由となりますので、お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りいただくことも可能です。未来を感じさせる、画期的なデバイスの世界に触れてみませんか?

『RETISSA Display』先行体験イベント

開催日時: 2018年7月5日(木)19時〜20時30分
場所: 角川アスキー総合研究所内セミナースペース
入場料: 無料
対象: ASCII倶楽部会員
人数: 最大20名(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
参加方法: ASCII倶楽部会員のみがアクセスできるアンケートフォームで事前登録の上、会場までお越しください。イベント申し込みページへのバナーはASCII倶楽部にログインすると表示されます。
募集期間: 本日より7月2日(月)23時59分まで。

※開催場所やイベントの詳細は、後日メールでお知らせいたします。
※メールの送信は7月3日(火)夕方を予定しております。
※応募多数の場合は、抽選のうえイベント参加が可能な方のみにお送りします。

RETISSA Displayとは!?

 富士通研究所からスピンアウトしたベンチャー企業QDレーザが開発した、世界初の網膜投影型アイウェアデバイス。

 既存のスマートグラスではメガネのレンズ部分に小型の液晶パネルなどを置いてその映像を見るが、RETISSA DisplayではVISIRIUM Technologyという独自技術を使い、直接網膜に映像を送る仕組みとなっている。長年の研究・開発によって、レーザー投影部の小型化を実現。スーツの内ポケットにも入る、世界最小レベルの製品になっている。

アスキーストアでの販売決定

 日本の高い技術によって実現した注目の新製品「RETISSA Display」の個人向け販売がいよいよ開始。ウェブストアでは、アスキーストアの独占販売が決定しています。7月から予約受付を開始する計画で、お届けは9月下旬になる見込みです。販売情報の詳細は後日アスキーストアなどを通じて告知いたします。

 参加ご希望の方はASCII倶楽部にログインして、下記のイベント申し込みバナーをクリックしてご応募ください。

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!