このページの本文へ

特集記事

まもなく2周年!北の大地に石狩データセンターあり

まもなく2周年!北の大地に石狩データセンターあり

コストパフォーマンスを追求し、徹底した省エネを進めるさくらインターネットの石狩データセンター。開所から2年が経ち、次のステップへ進みつつある同データセンターの見学会レポートをお送りする。

2013年10月21日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • “箱”だけ作るから地方データセンターは失敗する

    2013年10月21日 06時00分

    “田中語録"から理解する石狩という立地のメリット

    “箱”だけ作るから地方データセンターは失敗する

    郊外型データセンターの先駆けとなった石狩データセンター。インテルの主催で行なわれた見学会レポートの3本目は、さくらインターネット代表取締役社長 田中邦裕氏が語った「石狩」の優位性のほか、増加傾向にある地方データセンターについての意見を紹介する。

  • インテルまで巻き込んだ石狩データセンターの実験の成果

    2013年10月16日 06時00分

    「イノベーション」から「ソリューション」への道筋を追う

    インテルまで巻き込んだ石狩データセンターの実験の成果

    インテル主催の石狩データセンターの最新レポート第2弾は、「最新技術の実験場」としてのデータセンターの役割について見ていく。インテル参加の分散ストレージ、開所以来取り組んできた直流給電、注目度の高い超伝導送電までじっくり解説する。

  • 石狩データセンターにはさくらも入れないゾーンがあった!

    2013年10月10日 06時00分

    クラウドデータセンター内のコロケーションは「掌中の珠」にあらず?

    石狩データセンターにはさくらも入れないゾーンがあった!

    10月8日、インテルは同社が技術協力しているさくらインターネットの石狩データセンターの見学会を開催した。開所から2年でどこが変わったのか? レポート第1弾ではコロケーション需要での変化、そして最適化を目指したエアフローについて解説する。

ピックアップ