前へ 1 2 3 4 次へ

デバイスメーカーやゲームメーカーのブースをチェック

AKRacingからの緊急クエスト! TGS 2022で気になったブースをまとめて紹介!

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ワンピースやドラゴンボール、ドラえもんなど人気作品のゲームタイトルが多数
バンダイナムコエンターテインメントブース

バンダイナムコエンターテインメントブース

 バンダイナムコエンターテインメントのブースでは、8本もの新作ゲームが展示されていた。なかでも気になったのが、「ONE PIECE ODYSSEY」と「ドラゴンボール ザ ブレイカーズ」

「ONE PIECE ODYSSEY」

尾田 栄一郎先生のメッセージも

 ONE PIECE ODYSSEYは、麦わらの一味を操作して、ワンピースの世界を冒険できる新作RPG。オリジナルストーリーと、尾田 栄一郎先生も「映画かよ!」とコメントするほどの圧巻のグラフィックも特徴だ。ワンピース好きにはたまらない作品になるのではと期待している。

「ドラゴンボール ザ ブレイカーズ」

 ドラゴンボール ザ ブレイカーズは、圧倒的なパワーを持つ一人のレイダーと、戦闘力の低い7人のサバイバーが戦う非対称型アクションゲーム。サバイバーとなったプレイヤーは、レイダーの妨害から逃れながらフィールドを脱出するのが目標となる。どちらをプレイするのも楽しみな、期待作だ。

「CoD」最新作や「死霊のはらわた」が題材のゲームが気になる!
30本以上のタイトルが試遊できたハピネットブース

ハピネットブース

 ハピネットブースでは、30本以上の新作タイトルが試遊可能と、かなり気合いの入ったブースとなっていた。

「Call of Duty:Modern Warfare 2」や「Evil Dead:The Game(死霊のはらわた:ザ・ゲーム)」の試遊が可能だった

 個人的に気になるのは、「Call of Duty」シリーズの最新作「Call of Duty:Modern Warfare 2」。進化したエンジンでのグラフィックスによる新たなCoD体験が可能なほか、タスクフォース141の人気オペレーターたちが、従来作品と同様に登場する。また、バトルロイヤル「Call of Duty:Warzone 2.0」も登場予定なので、こちらも要チェックだ。

 また、名作ホラー作品「死霊のはらわた」を題材とした非対称型のオンライン対戦ゲーム「Evil Dead:The Game(死霊のはらわた:ザ・ゲーム)」も期待作の1つ。生存者(4名)と死霊(1名)で、生存者側はミッションの完遂、死霊側は生存者の全滅を目指すことになる。原作ファンはぜひチェックしておきたい作品だろう。

フォトスポットやコスプレイヤーさんも一挙紹介

 最後に、TGS 2022を回って撮影できたフォトスポットやコスプレイヤーさんを一挙紹介。現地に足を運べなかったという人は、少しでも会場の雰囲気を味わってもらえると幸いだ。なお、アスキー編集部では各ブースの詳細レポートも掲載しているので、ぜひそちらもチェックしてみてほしい。

「ライザのアトリエ3 ~終わりの錬金術士と秘密の鍵~」のフォトスポット

「Wo Long: Fallen Dynasty」のフォトスポット

「エグゾプライマル」のフォトスポット

「ストリートファイター6」のフォトスポット

Meta Quest 2のブースにあった「Among Us VR」のフォトスポット

GALLERIAのブースにあったぶいすぽっ! の等身大パネル

「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」のフォトスポット

Discordのマスコットのワンパスくんと一緒に写真撮影ができた

(提供:AKRacing)

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
10月
2019年
06月
2017年
04月
06月
2015年
08月
12月