デバイスメーカーやゲームメーカーのブースをチェック

AKRacingからの緊急クエスト! TGS 2022で気になったブースをまとめて紹介!

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「PlayStation VR2」での試遊や「ストリートファイター6」も
カプコンブース

 ここからは、気になったゲームメーカーのブースを紹介していこう。

 まずはカプコンブース。数多くの試遊タイトルを用意してあり、連日長蛇の列ができていた印象だ。

カプコンブース

 とくに注目度が高かったのが、「PlayStaiton VR2」で体験する「バイオハザード ヴィレッジ VRモード」。PSVR2は、片目2000×2040ドットという高解像度の有機ELを採用しているだけあって、かなりリアルな映像でコンテンツが楽しめた。なお、バイオハザード ヴィレッジ VRモードの詳細や発売日などは未定となっている。

「バイオハザード ヴィレッジ VRモード」の試遊コーナー

 また、2023年発売予定のシリーズ最新作である「ストリートファイター6」の試遊にも、多くの来場客が足を運んでいた。対戦はもちろん、没入型ストーリーモードで、アバターを使ってレジェンドファイターに弟子入りし、スタイル・技を習得していく「WORLD TOUR」も気になるところだ。

「ストリートファイター6」の試遊コーナー

ソニックや龍が如くの新作に注目
セガ/アトラスブース

セガ/アトラスブース

 セガ/アトラスブースでは、「ソニック」シリーズの最新作「ソニックフロンティア」や、「龍が如く」シリーズ最新作「龍が如く 維新! 極」の試遊台を用意。こちらもいち早く作品をプレイすべく、多くの来場客で列をなしていた。

「ソニックフロンティア」

 ソニックフロンティアは、おなじみのソニックを操作して、オープンゾーンと名付けられたワールドマップを、縦横無尽に駆け回ることができる。美しい大自然のグラフィック表現も、圧巻だ。

 龍が如く 維新! 極は、2014年に発売された「龍が如く 維新!」のリメイク作品。登場人物が従来作品から一新されているほか、小沢 仁志さん、竹内 力さん、中野 英雄さんの演技も気になるところだ。

「龍が如く 維新!」

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
10月
2019年
06月
2017年
04月
06月
2015年
08月
12月