ASRock「WRX80 Creator」

まもなく登場の新型CPUも使えるクリエイター向けマザーがASRockから

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockから、AMD WRX80チップセット搭載するソケットsWRX8対応マザーボード「WRX80 Creator」が発売された。価格は16万5000円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。なお、同チップ採用モデルとしては「WRX80D8-2T」が発売済みだ。

AMD WRX80チップセット搭載するソケットsWRX8対応マザーボード「WRX80 Creator」

 まもなく国内販売が開始する「Ryzen Threadripper PRO 5000WX」シリーズのほか、Ryzen Threadripper PRO 3000 WXシリーズにも対応するクリエイター向けマザーボードが登場。AMD WRX80チップセットを搭載したE-ATXサイズの製品だ。電源はデジタル8フェーズ回路を搭載。2ポートの10ギガビットLANやThunderbolt 4を備えるのも特徴となっている。

基板サイズはE-ATXのため搭載ケースには注意が必要。PCI Express 4.0(x16)スロットは(x8)も含め7本を搭載している

 主なスペックはPCI Express 4.0(x16)スロットを5本備えるほか、PCI Express 4.0(x8)スロット(x16形状)は2本装備。メモリースロットがDDR4-3200×8(RDIMM-3Dは最大2TB、それ以外は最大1TB)、ストレージはSATA 3.0×8、U.2×1、M.2×2、インテルX710-AT2による10ギガビットLAN×2、IPMI向けギガビットLAN×1、Wi-Fi 6E (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth 5.2 (インテル)、サウンド(Realtek ALC4050H+ALC1220 8CH HD Audio)、インターフェースにD-Sub×1、Thunderbolt 4×2を搭載している。

インテルX710-AT2による10ギガビットLAN×2やThunderbolt 4、Wi-Fi 6E 802.11axを備えるバックパネル部分

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月