このページの本文へ

業界人の《ことば》から 第497回

普通のゲーミングデバイスには興味がない、SteelSeries CEO

2022年08月08日 09時00分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レスポンスの速いキーボード

 もうひとつが、ゲーミングキーボードのApex Pro Mini WirelessおよびApex Pro Miniである。

Apex Pro Mini WirelessおよびApex Pro Mini

 Apex Proは、2019年に発売されたゲーミングキーボードで、当時は、メカニカルスイッチが主流のなか、先行して光学スイッチを採用したのが特徴だ。最短0.4mmというアクチュエーションポイントを実現。さらに、3.6mmまでの調整ができることから、仕事をする場合は深く、ゲームをプレスするときは浅くといった設定が可能になった。また、レスポンスタイムは、従来の11倍となる0.54msと世界最速のキーボードとなっていた。

 今回発表したApex Pro Mini Wirelessでは、フルサイズキーボードの機能を維持しながら、60%のフォームファクターにコンパクト化しており、机の上のスペースを有効活用したり、持ち運んで使ったりといった用途にも適している。航空機にも使用されるアルミニウム合金を採用。1億回のキープレスに対応するなど、耐久性が高い。キートップにも、耐久性を高めたPBT素材を採用している。

 最大の特徴は、世界最速の11倍の速さのレスポンスタイムと、10倍の速さのキーストローク作動を実現する調整可能なOmni Point 2.0スイッチを搭載している点だ。

 すべてのキーの感度を0.2mmから3.8mmまで対応できるようにし、「浅いところは浅く、深いところはより深いところまで設定できるようにした」という。新たに0.1mm単位での調整も可能にし、好みや利用シーンにあわせたカスタマイズが可能になった。

 また、2-IN-1アクションキーでは、深さに応じた2つのアクションを設定。浅く押すと歩く、深く押すと走るなどの設定ができる。「従来のキーボードにはない新たな機能であり、新たなプレイスタイルが生まれる」とする。

  Apex Pro Mini Wirelessは、9月2日発売で、参考価格は4万3090円。Apex Pro Miniは、8月5日発売で、3万2420円。

 なお、スティールシリーズでは、2022年9月15日から開催される東京ゲームショウ2022にも出展。そこでも新製品を投入する予定だという。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ