このページの本文へ

Seagate「ST20000NM007D」

Seagateからデータセンター向けの20TB HDDが登場、20TBは2モデル目

2021年12月22日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SeagateのSerial ATA対応の3.5インチHDD「Exos X20」シリーズから、過去最大容量となる20TBモデル「ST20000NM007D」が発売された。販売しているのはオリオスペックで価格は8万9760円だ。

Seagateの「Exos X20」シリーズから登場した過去最大容量となる20TBモデル「ST20000NM007D」

 「IronWolf Pro」シリーズの20TBモデル「ST20000NE000」に続く過去最大容量の3.5インチHDD。データセンター向けのエンタープライズ向けの製品で、MTBF250万時間という高い耐久性と平均待ち時間4.16msという低遅延が特徴だ。

オリオスペックによるとプラッター枚数は10とのこと

 回転数は7200rpm、シーケンシャルリードは最大285MB/sec、ランダムリードは最大168IOPS、同ライトは最大550IOPSというスペックだ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中