このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

【12月の劇場アニメ】『呪術廻戦』初の劇場版や『ARIA』最終章が公開

お待たせ、ベイビー。お遊びは、終わりだ 「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」

2021年12月04日 16時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

お待たせ、ベイビー。お遊びは、終わりだ
「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」

作品解説
今度のボスベビは、世界を救う!?
ボス・ベイビーが、兄ティムとともに繰り広げた<赤ちゃんvs子犬>の死闘から、あっ……!という間に25年。すっかり大人になったボス・ベイビーはヘッジファンド会社の最高経営責任者となり、世界中を飛び回る正真正銘のエリートビジネスマンに。一方ティムは、小学2年生のタビサと、生まれたばかりのティナという2人の娘、そして一家の大黒柱としてバリバリ働く妻のキャロルと共に、郊外の一軒家で暮らす幸せな専業主夫になっていた。相変わらず想像力豊かで、娘たちと空想の世界で遊ぶ時間が一番の幸せだ。
成長した兄弟2人はすっかり疎遠になっていたが、ボス・ベイビーは特別な日には、必ずティムの子供たちに贅沢すぎるプレゼントを山ほど送りつけてくる。先日もタビサに、プレシャスという名のポニーをプレゼントしてくれた。町一番の進学校“どんぐり教育センター”に通っているタビサにとっては、あこがれの伯父さんだ。
最近のタビサは、大量の宿題や学校行事の準備に追われ、あまり父ティムとは遊んでくれない。毎晩寝る前のお決まりだった「お休みのキス」も拒まれ、ティムは娘がどんどん大人になっていくのが寂しくて仕方ない。

そんなある夜、ティムは次女ティナの部屋から声が聞こえることに気づく。そっと部屋に入ってみると、そこには黒スーツ姿のティナが立っていた。彼女はベイビー社から派遣されたボス・レディだったのだ! 彼女はボス・ベイビーを呼ぶように言うが、疎遠な弟との接し方が分からないティムはどうにも気が進まない。言い訳をしながらお茶を濁し、娘を寝かしつけるが、気分はモヤモヤしたままだった。
翌朝、ティムと家族が身支度をしていると、突如1台のヘリコプターが庭へ舞い降りる。そこから降り立ったのは黒のスーツに身を包んだゴージャスなビジネスマン、そうティナの企みで呼び出されたボス・ベイビーだ。顔を合わせるなり、すぐに喧嘩を始めるボス・ベイビーとティム。見かねたティナが、2人に向かって話し始める。「わたし、ボス・レディ。新たな任務を伝えに来たわ」
ベイビー社によると、姉タビサが通う学校の校長アームストロング博士が、生徒を洗脳し、世界征服を企んでいるというのだ。世界を救うため、ベイビー社が開発した“スーパーミルク”で赤ちゃん返りし、学校に潜入捜査せよ、というのが2人に託された任務だった。こうして子供の姿に戻った2人は、有無を言わさず、あの<ボス・ベイビー>コンビを再結成することに――!

ギクシャクした関係のまま学校に潜入する、生徒に扮した2人。ティムは転校生としてタビサに近づくが、娘の秀才ぶりにデレデレで任務は失敗続き。そんなティムにほとほと呆れながらも、ボス・ベイビーは、あっという間にそのリーダーシップで生徒をまとめあげ、アームストロング博士の秘密を探りだす。学校には地下組織があり、秘密裏に、きたる「Bデー」への準備を進めていたのだ。「Bデー」――世界からすべての「親」を消滅させる<ベイビー革命>の日。博士は世界中の家族を破壊し、赤ちゃんだけの世の中を作ろうとしていた。
秘密を知ったボス・ベイビーとティム、そしてボス・レディは、ベイビー革命を阻止するための計画を立てる。狙うは、学校で保護者を招待して開催される発表会。タビサの独唱も予定されており、ティムの妻キャロル、ボス・ベイビーたちの両親ジャニスとテッド・シニアらも来場するビッグイベントだ。盛況なイベントに紛れて、アームストロング博士を止めようとするボス・ベイビーたち。しかし、彼らが予期していたよりも博士の計画は壮大なものだった――。
“スーパーミルク”で子供に戻っていられるのは48時間。果たして彼らは、タイムリミットまでに史上最大のミッションをクリアし、世界、そして家族を救うことができるのか!? そして、ボス・ベイビーとティムは、ふたたび兄弟の絆を取り戻すことができるのか――!?!?

スタッフ
監督:トム・マクグラス
製作:ジェフ・ハーマン
製作総指揮:トム・マクグラス
原作:マーラ・フレイジー
脚本:マイケル・マッカラーズ
ストーリー:トム・マクグラス、マイケル・マッカラーズ
音楽:ハンス・ジマー、スティーヴ・マッツァーロ
配給:東宝東和、ギャガ

キャスト
ボス・ベイビー:アレック・ボールドウィン/ムロツヨシ
ボス・レディ:エイミー・セダリス/多部未華子
タビサ:アリアナ・グリーンブラット/芳根京子
ティム:ジェームズ・マースデン/宮野真守
ジャニス:リサ・クドロー/乙葉
テッド・シニア:ジミー・キンメル/石田 明(NON STYLE)
キャロル:エヴァ・ロンゴリア/坂本真綾
ウィジー:ジェームズ・マクグラス/銀河万丈
アームストロング博士:ジェフ・ゴールドブラム/大塚芳忠

上映情報
12月17日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイトURLhttps://gaga.ne.jp/bossbaby/
Twitterアカウント@BossBabyJP

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ